意見交換の広場


記事表示


No.17011投稿日時:2017/08/16(水) 15:04  <↑親記事:No.17010>
投稿者:山口

> 日本語教師、イヤなんじゃなか...

> 日本語教師、イヤなんじゃなかったんだ。意外だな。
> 牙剥いて戦ってるから、てっきり嫌いなんだとばかり思ってたよ。


日本語教師が嫌いなんじゃない。
俺も、そのひとりということになる。

俺が嫌い、というか、不思議でたまらないのは、日本語教育業界にある自虐的文化だ。

検定試験の問題を見て、俺が素直に思ったことは、
世間は日本語教師に高いものを求め過ぎているということだ。

案山子、お前は留学したことがあるか?
俺はある。

現地の語学学校に通ったが、日本語教師みたいに懇切丁寧に教えてくれなかったぜ?

だが、俺は別段、それを不満とも思わなかった。
勉強なんて、結局は自分だからな。

教師は学生のためにそれなりのことをしていくべきだろう。しかし、学生ができないのは、教師のせいではないと思う。

しかし、現状を見ると、学生ができないのは、まるで、教師のせいだといわんがばかりのバッシングが行われている。

はっきり言って、日本語教師の給料でそこまで求めるのはどうだろうかと思う。
実際、学生にN1をとらせたところで、教師の給料は上がるわけではないしな。
成果を出したところで、認められるわけではない。

おかしいぜ。

> おまえは、薄給で働いてるわけじゃないんだろ?
> だったら、ボランティアして。奴のことなんか
> 放っときゃいーんじゃないのか?
> 日本語学校を変えたいのか?

ボランティアなら、自由だ。
たが、労働契約に関しては、権利を主張していかなければならない。

一人一人の意識が、業界の給与水準や、遵法意識を作っていくのであり、俺はその闘いをすべきだと言っているのだ。

[ 記事一覧 | 返信(R) | 引用して返信(Q) ]


Script : Sylpheed 1.24
日本語教師の集いTOPへ戻る